表紙データ入稿

入稿メディア・フォント

データ入稿しようをご覧ください。

アプリケーション

入稿推奨アプリケーション 保存形式

Illustrator ~10.0、CS、CS2、CS3、CS4、CS5、CS6、CC

ai形式

Illustrator EPS形式

Photoshop ~7.0、CS、CS2、CS3、CS4、CS5、CS6、CC

Photoshop LE、Elements

などのペイントソフト

PSD形式

TIFF形式

EPS形式

上記は当社推奨アプリケーションとなります。

その他のアプリケーション(コミックスタジオ・クリップスタジオ等)をご使用になってのご入稿の際には、上記保存形式をご利用ください。

それ以外の形式で保存されたデータでのご入稿で起きたトラブルは、当社では保証致しかねます。

※以下の点にご注意ください。

Photoshop
  • 画像は統合されていますか?
    (レイヤー名が自動で「背景」になればOK)

  • アルファチャンネルは削除しましたか?

  • RGBモードの場合、保存時に プロファイル は埋め込みましたか?

    埋め込まれていない場合、色の変化については保障いたしかねます。
    予めご了承ください。

  • TIFF、EPS、PSDで保存(保存する際 マークが出なければOK)
    ※画像未統合のまま保存するとトラブルの原因になります。

Illustlator
  • フォントのアウトライン化は必ず行ってください。
  • 透明効果を使用した場合は必ず「データ入稿依頼書」の備考欄に「透明効果利用」と記入してください。

  • Illustrator EPS形式の保存時には、オーバープリントは保持、設定は高解像度、post scriptレベル2にしてください。

トンボ

トンボを必ず入れてください。

画像解像度(表紙、フルカラー便せん、フルカラーちらし)

推奨画像解像度

フルカラー:350~440dpi(pixel/inch)

グレースケール:600dpi(pixel/inch)

モノクロ2階調:600・1200dpi(pixel/inch)

推奨より高い解像度

仕上がりに差はありません。
(容量だけが増えてしまいます)

推奨より極端に低い解像度 粗い仕上がりになります。

※わざと粗く見せる効果を狙って少ない解像度を使用している場合は、メモで結構ですのでその事をお書き添え下さい。

注意点

表1・4を別々で作成した場合でも、両方の解像度を同じにして下さい。

よくある失敗例

350pixel/inchのつもりで、画像解像度を350pixel/cmに設定し、データが無駄に大きくなる。

pixel/inchに換算すると889pixel/inchになります。

 

塗り足し

原稿サイズ塗り足しをご覧ください。

塗り足し部分は出来上がった本では切り落とされますので、大切な文字、絵等は塗り足し近くには描かないでください。

背幅

背幅の計算方法をご覧ください。

多色刷原稿

 Photoshop

 Illustrator

 共通の注意点

5色原稿

 表紙をフルカラー5色刷りに変更するをご覧ください。

お願い