ibisPaintを使う

「ibisPaint(アイビスペイント)」で同人誌原稿を作りたい方向け!
新規作成から書き出しまでの手順を紹介します。

(ver.11.0.2 作成:2023/10/13)
詳しい操作方法は、ibisPaint様の公式サイトでご確認ください。
ibisPaint公式サイト:https://ibispaint.com/

初めに

全てのアプリケーション(ソフト・アプリ)共通の大切な案内や基礎知識です。
このページを読む前に、必ず下記をお読みください。

入稿可能データの仕様

モノクロ カラー
モード グレースケールまたは2値化設定で作成したRGBデータ RGB カラー
解像度 グレースケール:600dpi(pixel/inch)
2値化:600dpi(pixel/inch)
350~400dpi(pixel/inch)
サイズ 仕上がりサイズ+塗り足し(天地左右各3~5mm)
トンボ無し可(画像は中心に配置)
仕上がりサイズ+塗り足し(天地左右各3~5mm)
トンボ無し可(画像は中心に配置)
レイヤー 画像統合※多色刷り除く
保存形式 PSD※他の形式では受付出来ません。
本文ファイル 1ページにつき1ファイル

新規作成

単ページ原稿(モノクロ本文・カラー本文)
  1. マイギャラリー左下の「+」を選択してください。
  2. 新規キャンバスで「マンガ原稿」を選択してください。
  3. テンプレートを選択します。
    • モノクロ原稿の場合
      A5の本を作る時→同人誌(A5仕上がり)600dpi
      B5の本を作る時→同人誌(B5仕上がり)600dpi
    • カラー原稿の場合
      A5の本を作る時→同人誌(A5仕上がり)350dpi
      B5の本を作る時→同人誌(B5仕上がり)350dpi
  4. 作成する原稿に合わせて、カラーモードを選択します。
    • モノクロ(グレーで着色)原稿の場合
      グレースケール
    • モノクロ(トーンを貼る)原稿の場合
      2値化※トーンを使う場合は、必ず2値化を選択してください。
    • カラー原稿の場合
      カラー
  5. 解像度を確認して、設定を確定します。
    • モノクロ原稿の場合
      600dpi
    • カラー原稿の場合
      350dpi
■その他のサイズの本を作る時
「マンガ原稿設定」ウィンドウで以下の通り設定します。
  • カラーモード
    モノクロ(グレーで着色)の原稿:グレースケール
    モノクロ(トーンを貼る)の原稿:2値化
    ※トーンを使う場合は、必ず2値化を選択してください。
    カラーの原稿:カラー
  • カスタム
    有効にする
  • 単位
    mm
  • 原稿サイズ幅(mm)
    仕上りサイズ+6mm
  • 原稿サイズ高さ(mm)
    仕上りサイズ+6mm
  • 仕上がりサイズ幅(mm)
    仕上りサイズ
  • 仕上がりサイズ高さ(mm)
    仕上りサイズ
  • 裁ち落とし幅(mm)
    3mm
  • 解像度
    モノクロの場合:600dpi
    カラーの場合:350dpi
見開き表紙原稿(カラー表紙・モノクロ表紙)
  1. マイギャラリー左下の「+」を選択してください。
  2. 「マンガ原稿設定」ウィンドウで以下の通り設定します。
    • カラーモード
      モノクロ(グレーで着色)の原稿:グレースケール
      モノクロ(トーンを貼る)の原稿:2値化
      ※トーンを使う場合は、必ず2値化を選択してください。
      カラーの原稿:カラー
    • カスタム
      有効にする
    • 単位
      mm
    • 原稿サイズ幅(mm)
      仕上りサイズ×2+背幅+6mm
    • 原稿サイズ高さ(mm)
      仕上りサイズ+6mm
    • 仕上がりサイズ幅(mm)
      仕上りサイズ×2+背幅
    • 仕上がりサイズ高さ(mm)
      仕上りサイズ
    • 裁ち落とし幅(mm)
      3mm
    • 解像度
      モノクロの場合:600dpi
      カラーの場合:350dpi
    見開きサイズ 自動計算

    仕上がり
    サイズ
    本文用紙 表紙込
    ページ数




    -----原稿サイズ-----
    幅 :mm
    高さ:mm
    -----仕上がりサイズ-----
    幅 :mm
    高さ:mm
    -----背幅-----
    背幅:mm

レイヤー統合保存(書き出し)

  1. データを保存して、マイギャラリーに戻ります。
  2. 下部メニュー共有ボタンから「PSD(レイヤー統合)」を選択してください。
    他の形式ではご入稿が頂けません。必ず「PSD(レイヤー統合)」で保存をしてください。

注意点

カラープロファイル
RGBデータにカラープロファイルの埋め込みが出来ません。
弊社でCMYK変換を行いますが、色域外の色(蛍光色など)は色味が大幅に変わってしまう可能性があります。
色味が大幅に変わってしまう可能性がある事を、あらかじめご了承ください。
モード
作業中にグレースケール・2値化を選択していた場合でも、RGBでの書き出しになります。
ご入稿頂く際は、発注書の備考欄へ「RGB以外の書き出しが出来ないアプリを使用」とご記入ください。
トーンとモアレ
2値化で選択できる「L16」トーンを使用してください。
「L16」以外の細かなトーンを使用した場合、印刷物ではイメージした濃淡と異なってしまう恐れがございます。
《例》L4トーンの80%~50%やL12トーンの60~30%など下図の通り濃度差がなくなってしまいます。


素材から選択可能なトーンを使用した場合、「グレースケール」「2値化」「2値化でL16に設定した場合」で異なります。
小さな画面で見ている状態と実際の印刷物の大きさでは、視覚的に印象が異なってしまう場合がございます。
ご家庭のプリンタやコンビニプリント(※)など、実際の大きさでプリントアウトを頂く事をお勧めいたします。
※家庭用プリンタやコンビニコピー機は、実際の印刷機の仕上がりとは異なります事を、あらかじめご了承ください。


↓モアレについて以下ページで詳しく説明しています。
モアレについて

補足

仕上り位置(仕上りトンボ・裁ち落とし位置)から、3mm内側の範囲は文字切れなどの危険がある範囲です。
内枠線を使用して目安のガイドを作る事が可能です。
  1. 新規作成時、内枠の幅・内枠の高さに原寸から天地左右各3mm小さい(幅,高さ各-6mm)のサイズを入力します。

    新規作成後でも上部のメニューから設定ウィンドウを開く事が可能です。

    仕上がりサイズ・内枠 自動計算

    仕上がりサイズ



    -----仕上がりサイズ-----
    幅 mm
    高さmm
    -----内枠-----
    幅 mm
    高さmm
  2. 仕上がり位置から3mmの位置にガイドが表示されます。
    • 一番外側の枠線:ぬりたしの位置
      天地左右の端までベタ・トーン・絵柄がある場合、ここまでベタ・トーン・絵柄が必要です。
    • 外側から二番目の枠線:仕上がり線
      実際に本になるサイズです。
    • 一番内側の枠線:文字切れの目安
      この枠線より外側は切れてしまう可能性があります。大切な文字はこの位置より内側に収めてください。